貸切バスの会社を選ぶ時のポイント

団体旅行や社員研修などに関して、やはり懸念事項の一つとなるのが移動方法ではないでしょうか。
移動をスムーズに行うことができなければ、旅行や研修自体の時間が削られてしまうことになります。もちろんその担当者にとっても負担がかかることになる要素でもあります。
これらについて極力負担を減らし、より簡単な移動を可能にしてくれる方法として、貸切バスの利用があります。ここでは、貸切バス利用の際にポイントとなることについて紹介をします。

まずは、バス会社選びについてです。地域によって利用できるバス会社の数には違いがありますが、例えば東京などは利用者が多い地域というだけあり、利用できる貸切バスの会社の数も数多くあります。この貸切バス会社選びについては、大きく2つのポイントに注目をするのが良いでしょう。

最初のポイントは、そのバス会社がどこにある会社なのか、ということについてです。基本的にバス会社の利用は、「出発地点または到着地点」と同じ都道府県内にあるものでなければなりません。もしくはできる限り、このどちらかに近いバス会社を選ぶのが良いでしょう。

それでは、なぜ出発地点または到着地点に近い会社を選ぶのが良いのかというと、これは貸切バスの利用料金の計算方式に関係しています。
これらのバスの利用料金というのは、乗っている時間によって計算が行われるわけではありません。バスがバス会社を出発して、バス会社に戻るまでの間が、料金計算の対象になります。

つまり、出発地点や到着地点が遠くにあるバス会社を利用してしまうと、それだけで長い時間が料金計算の対象となってしまうことになり、リーズナブルなメリットを消すことになってしまいます。

そしてもう一つ、バス会社選びのポイントとなるのは、キャンペーンが実施されているかどうか、という点です。
バス会社によっては決まった時期に割引を行うようなサービスを展開している場合もあり、こういったものを利用することによって、利用料金を抑えることができるようになります。
特によく行われているタイプのキャンペーンとしては早期予約割引キャンペーンがあり、これは早めに予約を行うだけで、一定程度の割引を期待することができるというものです。

このように、バス会社の選び方によって、バスの利用料金に変化が表れることになります。ただし、現在は法律で運行料金の下限が設定されるようになっているため、大幅に安い、というような会社はありません。