貸切バスを快適に利用するために

利用者だけで便利に移動を行うことができる移動手段であるのが貸切バスです。この貸切バスについては様々な利用方法を考えることができ、スケジュールをフレキシブルに選択することができるようになっているのが大きなメリットと言えるでしょう。

そこでここでは、そんな貸切バスを利用する場合に知っておかなければならない、利用上のマナーについて紹介をします。利用者はもちろんのこと、バス会社に対しても迷惑をかけないよう、マナーを守って利用することが重要です。

貸切バスを利用する上でのマナーとして、最初に紹介するのはシートベルトについてです。
現在の道路交通法では、貸切バスにおいても一般車両と同様にシートベルトの着用を行う義務が発生します。

安全な運行を行う上でも重要なポイントとなるため、トイレなどのために歩く場合を除いては、基本的にシートベルトを着用して乗車するようにしましょう。
プロのドライバーによる運転であるため、安心して乗ることができるものではありますが、安全を重視するということを考えて、協力をすることがマナーとなっています。

貸切バスのマナーとして次に紹介するのは、時間を守るということについてです。
これは貸切バス利用に限ったことではありませんが、特にこのシステムの場合は事前にスケジュールを決定しておき、その行程通りに移動を行うという仕組みになっている点について注意をしなければなりません。

貸切ではあるものの、何でもできるというわけではなく、当日になって急に時間の変更をしたり、行き先を変更したりするということは、行うことができないようになっていると考えておく必要があります。そのため、停車時間や出発時間について守ることができるように、遅刻がないように準備をすることが、マナーの一つとして挙げられます。

さらに、車内における利用態度のマナーについても紹介をします。貸切バスは自分たち以外の利用者がいないという特徴を持っているため、人と話をしたり、飮食をしたりすること自体について制限があるわけではありません。しかし、度を超して大騒ぎをしたり、暴れたり、泥酔したりというようなことがないように注意をする必要があります。

また、車内で出たゴミについては、責任を持って利用者が持ち帰ることが求められるようになっているため、その点についても注意をしておくようにしましょう。もし何かの理由で車内を汚すことがあった場合、その分については損害賠償を求められることがあります。